100%、どんな訳あり物件でも買取りいたします。ご相談ください。


高価買取【株式会社アンバーコーポレーション】の特徴

株式会社アンバーコーポレーションは、一都三県を中心にワンルームからファミリータイプまでマンションの買取を専門に行っているマンション買取業者です。お買換えのタイミングでのご自宅を売却、相続して使用していない親族が住んでいた築年数の古い物件、団地、投資用で所有していたワンルームマンションを売却、ペットなどを飼っていて仲介ではなかなか売却しづらい物件、その他訳あり物件など誰にも知られず当社が買取ります。お客様との直取引ですので勿論、仲介手数料は不要です。秘密厳守、スピーディーにご対応いたします。無料査定、無料相談ですのでまずはお気軽にお電話、メール、お問い合わせフォーム等からお気軽にご連絡ください。お待ちしています。

最新記事

  • ワンルーム買取の種類は2パターンある

    ワンルームマンションは、大きく分けて独身の人が自分のために購入するケースと、
    投資物件として購入するケースがあります。

    ただ、ずっと同じマンションに暮らす人がいる一方で、
    親の介護や結婚でマンションを手放す人もいます。

    また、投資物件と購入したものの、思うように収益が上がらずに売ってしまう人もいます。
    マンションの場合、新築の時が最も高値で、あとは価格が下がっていくので、
    売ると決めた場合は、良い業者を見つけて早めに売ることが大事です。

    ワンルーム買取りの種類は、大きく分けて2種類あります。
    ひとつは、買取保証で、もうひとつが即時買取です。

    買取保証は、一定の期間を設定しておき、市場に出して売却活動を行います。
    そして、その期間中に売れなかった場合は、
    事前に約束していた価格で買取ってもらう方法です。

    一方、即時買取は、市場に出さずに業者に買取ってもらう方法で、
    すぐにでも持っているマンションを売りたい人に向いている方法です。

    買取り保証と即時買取りでは、売却価格が異なるので、
    事前にしっかりと認識しておくことが大切です。

    買取りの場合、仲介手数料はかかりませんが、売買契約書に貼る印紙代や、
    抵当権抹消登記の費用など、様々な諸経費がかかります。売却益が出た場合は、
    譲渡所得税もかかります。

    マンションを購入した金額よりも売却金額の方が低かった場合、
    条件を満たせば税金が安くなることがあります。

    ワンルーム買取業者に所有しているマンションを売る場合、
    事前に市場価格を把握しておくことが大切です。
    インターネットの普及により、最近は不動産の情報サイトも多く、
    販売されている物件の売却価格を簡単に調べることができます。

    実際の取引価格を知りたい場合は、国土交通省の土地総合情報システムを使えば、
    詳しく調べることができます。
    ワンルーム買取業者は、需要が多いため数も増えています。
    ただ、業者によってレベルの差があるので、
    実績があり評判の良い業者を探すことが大事です。

  • ワンルーム買取の査定チェックポイントまとめ

    自分や親が持っているワンルームマンションが不要になった場合、
    できるだけ良い条件で売ることが大事です。

    マンションの査定方法は、買い取り業者によって異なります。
    ただ、重要なポイントはほぼ同じです。
    ワンルームマンションの査定額に大きく影響するポイントのひとつが、
    最寄駅からの距離です。

    都心であればあるほど、最寄りの駅からマンションまでの距離が
    ワンルーム買取の査定価格に反映されます。
    目安は徒歩10分です。最寄りの駅から徒歩10分以内だと、
    プラス査定されることが多いです。

    電車の特急や快速が止まる駅と、普通しか止まらない駅では評価が異なります。
    地方の場合は、車を使う人が多いので、駐車場の有無も重要視されます。
    ワンルームマンションを購入する場合、多くの人が気にするのが周辺の環境です。
    徒歩圏内にスーパーなどの商業施設があると、それだけ良い印象を与えることができます。

    銀行、郵便局、病院、役場、コンビニエンスストアが近い場合も、
    高い評価を受けることができます。
    生活するうえで便利な施設が近くにある場合とない場合とでは、評価に差が出ます。
    騒音も、ワンルーム買取のチェックポイントのひとつです。
    道路がワンルームマンションの近くにあり、夜中でも交通量が多い場所だと、
    騒音をチェックされます。

    壁やガラスの防音性能も細かく調べられるケースが多いです。
    最近は、高層マンションのワンルームも多くなっています。
    高層マンションの場合、階数が上がるほど眺めが良くなるため、
    評価が高くなる傾向があります。

    ワンルームマンションの部屋が、他の部屋よりも眺めが良い場合は、
    買取業者に積極的にアピールできます。

    日当たりが良い部屋や、角部屋もプラス評価を得られます。
    マンションの場合、築年数も評価に大きく影響します。

    新しく建てられたワンルームマンションは、それだけ評価が高くなります。
    マンションに住む場合、メンテナンス費用がかかります。

    定期的なメンテナンスなどの管理体制も、マンションの評価ポイントでは重要です。

  • 東京でマンション買取を利用する際にかかる費用

    東京はマンションの数が多く、新しいマンションが次々と建設される一方、中古物件も増えています。

    中古物件になると、評価が低いマンションほど、価格がどんどん下がっていきます。

    収益性が低くなった物件や訳あり物件を持っている人の中には、できるだけ早く売りたいと考え、
    マンション買取り業者と取引する人も少なくありません。
    マンション買取業者を利用してマンションを売却した場合、仲介手数料は必要ありません。

    ただ、印紙代やローン抵当権抹消にかかる費用、税金などは必要となるので、
    事前に把握しておいた方が安心です。
    印紙代の印紙とは、契約書に添付する印紙のことです。

    買主と売買契約書を交わすときには、必ず収入印紙を貼ります。
    印紙代は、売買価格によって異なります。
    ローン抵当権抹消の費用は、売る予定のマンションにローンが残っているときに、
    抵当権抹消登記費用がかかります。

    司法書士に依頼する場合は、司法書士に対する報酬も必要となります。
    すでにローンを完済して抵当権を抹消している人は必要ありません。

    不動産を売却した場合、売却した金額が所得となり、所得税と住民税の対象になり、
    確定申告が必要になります。
    税額は、譲渡価格から取引価格、諸費用、特別控除を引いたものに税率をかけたものです。

    諸費用には、収入印紙代も含まれますが、抵当抹消にかかる費用は含まれません。
    持ち家を売った場合、特別控除を受けることができます。

    ただ、特別控除を受けるには、条件があります。

    投資用のマンションでなく、実際に住んでいるマンションを売る場合は、引っ越しの費用もかかります。

    マンション買取業者には、様々な業者がいますが、スピーディーに買取ってくれる業者は人気が高いです。

    一般的な流れだと、持っているマンションの売却を依頼して、査定をしてもらいます。

    査定額に納得できれば、売買契約を結びます。

    マンションの中には、様々な理由で売却が困難な物件もあります。
    しかし、訳あり物件でもスピーディーに買取ってくれる業者もあります。

記事一覧はこちら